15年08月06日(木)

「学生防犯ボランティア講座」を開催しました   #22 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講義「自分の身を守る防犯知識」

  2015(平成27)年8月5日の10:15〜12:20に、子ども育成学部の学友会を中心に、学生防犯ボランティア講座(富山県安全なまちづくり推進本部主催)を開催しました。
  第1部「自分の身を守る防犯知識」では、富山県警察本部生活安全企画課の講義の後、富山県警察本部教養課による護身術講座を受講しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

護身術講座1

  県民総ぐるみの安全なまちづくりの運動を進めるなか、富山県の刑法犯認知件数の推移は戦後最少を続けていることを学びました。
  さらに、犯罪はどういったときに起こるのかについて、日常活動理論より、「犯意のある行為者」と「ふさわしいターゲット」が交わりつつ、「抑止力のある監視者」の目の届かない所で、犯罪は起きることについて理解を深めました。それゆえ、犯意のある行為者とふさわしいターゲット(鍵をかけていない自転車や一人で遊んでいる子ども等)を減らしつつ、ふさわしいターゲットを犯意のある行為者から遠ざけ(危ないところで遊ばない等)つつ、登下校見守り隊や第三者等の眼などの抑止力のある監視者を増やすことが大切であることが分かりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

護身術講座2

  第2部では富山県防災・危機管理課からの「防犯ボランティアとは」という講義を受けました。
  第3部「グループ討論」では、第2部の内容を基に、学友会の主メンバーを中心に、防犯ボランティア活動について討論活動に臨みました。
 今後は、このメンバーを中心に、防犯ボランティア活動に取り組んだり、他大学の防犯ボランティアの学生達と意見交換を通じて交流したりするなど安全なまちづくりに取り組んでいきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講義「防犯ボランティアとは」

【学生の声】
❑ 家族が犯罪にあって悲しい思いをしていたのを身近で見ているので、犯罪に巻き込まれることが決して他人事ではないと、私は思っています。油断しないよう生活していきたいです。
❑ 護身術を初めて教えてもらったので、これからこの護身術を使っていけるような心構えをしようと思いました。
❑ 盗難など、富山でも多くの犯罪が起きていると知ったので、今後の生活を改めていこうと思いました。家族全員で防犯意識を高めたいと思いました。
❑ 犯罪の具体的な内容がよくわかりました。また、どのような時と場合に犯罪が起こりやすいのか、どうしたら犯罪を抑止することができるのかということもわかりました。自分でも被害防止のためにできることはあるので、心がけたい。
❑ クルマのナンバーに関して4桁の番号だけでよいものだと思っていましたが、全て覚えておかないと特定が難しいということは覚えておこうと思います。犯罪を減らすため、参加できる防犯ボランティアなど地域のものには参加していきたいと思いました。

ページのトップへ ページのトップへ

8

2015


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

リクルート・フリーマガジン「R25」の元編集長藤井大輔氏の講演会を開催しました。

リクルート・フリーマガジン「R25」の元編集長藤井大輔氏の講演会を開催しました。

「海外体験発表会」を開催  #37

「海外体験発表会」を開催  #37

とやまっ子みらいフェスタinなめりかわに運営スタッフとして参加しました  #30

とやまっ子みらいフェスタinなめりかわに運営スタッフとして参加しました  #30

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.