15年02月10日(火)

第3回卒業研究発表会を開催 #74 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

発表する4年生

平成27(2015)年2月7日(土)、子ども育成学部第3期生による第3回卒業研究発表会を実施しました。
発表は9時30分から16時まで、総勢76名の4年生が、保育・幼児教育、小学校教育、社会福祉、総合の四つの会場に分かれ、4年間の学びと研究の成果を報告しました。公開で行われた発表会には、卒業生の姿もあり、後輩の発表に教育現場の経験を踏まえた鋭い質問、指摘がなされることもありました。また、聴講参加の3年生からの質問や感想も多く出され、次年度の研究への意気込みが感じられる発表会となりました。

  A会場(主に保育・幼児教育?)では「保育者の働きかけによる子どもの食行動への影響-3歳児の給食場面においてー」など全20件が、B会場(主に保育・幼児教育?)では「不登校-子どもが示すサインと子どもへの対応―」など全18件が、またC会場(主に小学校教育)では「算数的活動に関する一考察」など全19件が、そしてD会場(主に社会福祉)では「盲導犬の存在意義」など全19件の発表が行われました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

活発な質疑応答

【4年生の感想】
❏いじめ、スクールカースト、不登校などの問題は主に小学校以上で取り上げられているが、教師と保護者、子どもとの関わり方について保育につながるところがあると思った。
❏障害児保育についての研究は、障害児の保育の仕方としてはもちろん、健常児に対しての保育の仕方としても関係のあることであると感じた。4月から保育士になるため、学んだことを生かしていきたい。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ベビーマッサージの実演

3年生の感想】
❏様々な文献や論文から考察している発表が多く、たくさんの文献を読み、研究に生かしていくことの大切さを学んだ。
❏興味のある外国と教育についての発表を聴くことを通して、さらに日本と諸外国の比較をしていきたいと感じました。

ページのトップへ ページのトップへ

2

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

PHOTO

にながわ保育園園児の皆様が、大学周辺で「森のたんけん」を行いました!

にながわ保育園園児の皆様が、大学周辺で「森のたんけん」を行いました!

富山国際大学 赤松隆一郎氏の特別講演会を開催致しました。

富山国際大学 赤松隆一郎氏の特別講演会を開催致しました。

魚道づくり体験後のうれしい報告

魚道づくり体験後のうれしい報告

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.