15年01月21日(水)

小学校教育実習報告会を実施 #68 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(256x192)

充実の15日間、つい笑顔に

2015(平成27)年1月16日(金)、子ども育成学部3年次の小学校教育実習報告会を実施しました。今年の報告会場は3教室でした。実習生46名と次年度予定の2年生48名が、それぞれ12の班に分かれ、各会場には4つの班が集まりました。報告会が始まると、各班の実習生一人ひとりが報告書をもとに報告をします。それを聞いた2年生からは次々と質問が出ます。時には3年生からも質問が出ることもありました。それらの質問に、報告者は学習指導案などの資料や写真、動画などを見せながら分かりやすく補足します。


.

画像(180x135)・拡大画像(256x192)

こんな教具を作ったんだよ!

   最初は緊張気味だった2年生も、3年生の自信に満ち、笑顔で楽しかった実習の思い出を語る様子にすっかり引き込まれ、会場は和やかで笑い声が溢れる報告会となりました。報告会の最後に、「15日間の短い実習期間でしたが、充実した教育実習を行えたのも、現場の先生方と、何より子どもたちのお陰です。感謝を忘れることなく、これからも夢に向かって努力を重ねましょう」との講評があり、今年度の小学校教育実習報告会を終えました。

.

画像(180x135)・拡大画像(256x192)

へえー、そうなんだ、興味津々

【3年生の感想】
❏一人ひとりの報告で、他の人がどのような実習をしてきたのか、自分との違いを知ることができた。2年生の質問は深いものや細かなものが多く、昨年を思い出し、もっと多くのことを伝えられたら、という気持ちになった。
❏学校毎に、それぞれのよさや大変だったことなどを知ることができた。実習のことを思い出し、充実していたなと感じ、2年生にも自信をもち有意義な実習にしていってもらいたいと思う。
❏自分の実習について言葉で語ることで、改めて実習に取り組んだ15日間を思い出すことができた。15日間で学び、吸収した思いを再確認し、小学校の先生のやりがいを改めて感じることができた。

【2年生の感想】
❏「つらかったけれど子どもはかわいかった」、「15日間は短かった」という話を聞き、とてもやりがいがあり、学びになる実習ということを実感した。また、実習日誌や指導案なども見せていただき、板書計画や授業構成なども担当の先生と相談し、信頼関係を築くことの大切さにも気づいた。
❏不安なことばかりだったが、先輩方はとても楽しそうに実習の様子を話してくれたので不安が和らいだ。「先生が不安だと子どもも不安になる」と聞き、マイナス面ばかり考えず、子どもたちの前ではいつも笑顔でいようと思う。
❏先輩方のお話を聞いて、具体的に実習をイメージすることができた。低学年には低学年に合わせた声かけ、中学年には中学年に合わせた声かけが大切だと分かった。目立つ子、大人しい子など子どもたち全員と関わりたいと思う。どのように授業展開をしてくのか、これから理解を深めていきたい。

ページのトップへ ページのトップへ

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

東黒牧ニュース「男子バスケ部、昇格決定」

東黒牧ニュース「男子バスケ部、昇格決定」

2014年度・前期オリエンテーションが始まりました

2014年度・前期オリエンテーションが始まりました

自然体験活動 天体観測会 #46

自然体験活動 天体観測会 #46

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.