15年01月08日(木)

「生活文化演習」で「適切な話し方」を学びました #66 [子ども育成学部]

 2015(平成27)年1月8日(木)、「生活文化演習」(1年必修科目)で、フリーアナウンサーの曽田英津子氏をお迎えし、「適切な話し方」について学びました。
 一般に、他人に与える印象として、非言語的要素が大きな割合を占めるとされており(目から55%、耳から38%、言葉から7%)、相手により良い印象を与えには、脳の回路を刺激し、表情筋を鍛えることが大切だとされました。
 演習では、様々な呼吸法を学び、身体の緊張をほぐしてから、発生・発音・滑舌練習を行いました。人間関係を円滑にするためには、敬語の使い方はもちろん、相手にとって心地よい言葉をかけることが大切であること、また、笑顔の効用についても考えることができました。

画像(128x128)

フリーアナウンサーの曽田英津子さん

画像(128x128)

呼吸法を学びます

画像(128x128)

表情筋を刺激するには脳幹の刺激が大切


【学生の声】
❏これまで正しい敬語を理解しているつもりでしたが、無意 識に二重敬語を使っていることに気づきました。
❏大切な連絡を伝えるときは、ゆっくり、はっきり、大きな 声で言うことが大事であり、単に「言った」という事実だ けではいけないのだと思いました。
❏顔の筋肉をしっかり使うことで明るく見え、相手に良い印 象を与えるだけでなく、声のトーンも変わるのだと思う  と、相手を大切に思う方法がひろがりました。

ページのトップへ ページのトップへ

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

「北陸新幹線開業に向けた新川地区のツーリズムセミナー」開催しました!

「北陸新幹線開業に向けた新川地区のツーリズムセミナー」開催しました!

福光空家リノベーション(環境デザイン)NO5

福光空家リノベーション(環境デザイン)NO5

小学校教育研究サークルの結成

小学校教育研究サークルの結成

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.