14年07月08日(火)

「富山国際大学 第6回子ども育成フォーラム」 を開催しました #23 [子ども育成学部]

 2014(平成26)年7月5日(土)、呉羽キャンパスE刊子ども育成棟において、富山国際大学第6回子ども育成フォーラムを開催しました。今回のフォーラムでは「小学校における英語教育」をテーマに取りあげました。

  講師には、関西外国語大学教授 新里眞男先生をお招きし、「小学校英語教育の現状・課題と今後の『発展』に備えて」の演題で講演をいただきました。

 当日は、小学校〜高等学校の各学校、教育委員会、大学、保育所・幼稚園の関係者、また本学や他の大学の学生など、約170人の参加がありました。小学校の外国語活動の成果や英語教科化のための文科省の実施体制案、子どもの言語感覚や教員に求められる資質などを含め、広く英語教育のあり方について参加者が共に考える貴重な時間となりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講師の新里眞男先生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講演中の様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

質疑応答


 【参加者のアンケートより】

❑これからの実践の大きなエールとなる話を聞くことができてよかった。(小学校関係者)
❑ 今最も現場で関心ある話題について、新里先生を講師に迎えて講演を聞くことができ、大変勉強になった。(中学校関係者)
❑ 講演にあったようなプロの専科教員になれるように学びたいと思う。(小学校関係者)
❑ 現在の英語教育の状況が大きくつかめた。今後どのようになっていくか、どう対応していくか、いろいろ考えさせられた。(その他)

 【学生の感想より】

❑ 外国語活動が導入されてから英語に対して抵抗感が少なくなり、積極的にコミュニケーションを図ろうとするようになっているとあって、小学校で英語の教育を行う意味がわかったような気がします。しかし教科にするということになるとまだまだ問題点もあるのだと感じました。
❑ 小学校だけでなく中学校でも体験的な英語学習を重視すべきであり、コミュニケーションしたいという気持を起こさせるように導入のしかたを工夫する必要があると学びました。
❑今年度小学校教育実習に行きます。今日のフォーラムの内容を踏まえて、外国語活動の授業をどのように進めたらよいか考えていきたいと思います。

ページのトップへ ページのトップへ

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

環境デザイン専攻卒業研究中間発表会を実施しました

環境デザイン専攻卒業研究中間発表会を実施しました

歌や会話で日中の文化を学びあう!

歌や会話で日中の文化を学びあう!

観察実験アシスタント研修会に8名が参加#19

観察実験アシスタント研修会に8名が参加#19

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.