14年06月20日(金)

観察実験アシスタント研修会に8名が参加#19 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「先ずは、安全第一を心掛けてください。」

  2014(平成26)年6月18日(水)、観察実験アシスタント研修会が県総合教育センターで開催され、子ども育成学部からは3年生と1年生の8名が参加しました。観察実験アシスタントとは、旧名称を理科支援員といい、文科省の理科支援事業に従事する人を指し、主として小学校に赴いて理科の観察・実験の準備や後片付けを行います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ガスバーナー操作で真剣なまなざし

  当日は、今年度初めて登録したアシスタントでまもなく配置先の小学校で活躍する予定の参加者が4班に分かれ、講師の先生方のご指導の下、電気回路の基本的な実験、アルコールランプ等を使った化学実験操作法、顕微鏡を使った微生物の観察及び天体望遠鏡の使用法などに真剣な眼差しで取り組んでいました。
  講師の先生方からは、実験・観察は安全第一で取り組んでほしいと注文が付けられました。参加者の多くは、教員になることを目指している大学生・大学院生で、一足先に教育現場で子ども達の理科学習をサポートできる日が待ち遠しくて仕方がない様子でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

手回し発電機回転方向とLEDの点灯・消灯

【参加した学生の声】
❏高校で多くの実験をさせてもらい、私は理科が、とくに実験が大好きになりました。今日は、小学校の先生という立場から、楽しむだけではなく安全に実験が行えるように教えていただきました。小学生が楽しめる安全な実験を準備できるようにこころがけたい。
❏実験器具の基本的な使い方、どのような危険があるか、危険な場面での対処の仕方を理解した上で、自覚と責任感のある活動をし、子どもたちの安全な学習を支えたい。
❏実際に自分が用意したもので実験を行う子どもたちが怪我をしないか、学生でありながら非常勤講師扱いということ等、責任の重さを痛感した。

ページのトップへ ページのトップへ

6

2014


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

富山県心の健康づくり普及啓発事業「ゲートキーパー養成講座」が行われました

富山県心の健康づくり普及啓発事業「ゲートキーパー養成講座」が行われました

1期生の先輩保育士に学ぶ 「キャリア入門講座」特別講義(幼保分野) #58

1期生の先輩保育士に学ぶ 「キャリア入門講座」特別講義(幼保分野) #58

環境デザイン専攻学生 水質調査実習

環境デザイン専攻学生 水質調査実習

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.