14年02月25日(火)

教壇に立ちたいとの思いを強めた「小学校教育実習報告会」 [子ども育成学部]

  平成26(2014)年2月14日(金)、平成25年度小学校教育実習報告会を開催しました。

  報告会には、3週間(15日間)にわたる教育実習を県内外の出身小学校で終えた3年生47名と、次年度に小学校教育実習を控えた2年生46名が参加しました。

  実習中には、早朝から出勤し子どもたちを校門で迎え、休憩や給食、清掃時には積極的に子どもたちに声をかけ共に活動する、また、指導下さる先輩教師の言葉に素直に耳を傾け、帰宅してからも教材研究や指導案を作成する等の様子が、多く見聞されました。その真剣さに、本学学生には、実習先から高い期待が寄せられています。

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

シンポジウムで実習体験を語る

  報告会では、実習経験者代表6名によるシンポジウムが行われました。コーディネーターが投げかける「実習で一番感動したことは何でしたか?」、「心残りのことはなかったですか?」、「後輩に伝えておきたいことはありませんか?」等の問いに対し、登壇した学生からは、「子どもたちが、こっそりとお別れ会の準備をしていたことを知って泣きそうになった」、「公開授業で、子どもたちが積極的に手を挙げて授業を盛り上げてくれてうれしかった」等の報告がなされました。また、登壇した学生から2年生に、「不安はあっても実習先の指導してくださる先生に遠慮せず尋ねるとよい」、「実習にいく前に、教材研究や模擬授業をしておけばいざとなったときあわてない」等のアドバイスが出されました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

真剣に聞き入る2年生

  フロアーの3年生からは、「実習を経験して教員を目指す気持ちがますます強まった」等の発言もありました。

  2年生の感想には、「小学校教育実習のイメージがつかめた」、「子どもたちと早く会いたい」、「これからしっかり準備を進めていきたい」等、前向きな声が数多く聞かれました。


ページのトップへ ページのトップへ

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

PHOTO

「キャリア支援講座?」で保育教材を製作 #71

「キャリア支援講座?」で保育教材を製作 #71

第22回富山国際大学紅嶺祭を楽しむ

第22回富山国際大学紅嶺祭を楽しむ

歌や会話で日中の文化を学びあう!

歌や会話で日中の文化を学びあう!

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.