先頭へジャンプ

現代社会学部 - 教員紹介 - 高橋 哲郎

氏名
  
  
高橋 哲郎 / たかはし てつろう / TAKAHASHI Tetsuro

   研究活動   著書・論文・学会発表   専門ゼミの活動
役職 教授
所属専攻 経営情報専攻
専門分野 韓国経済論 中小企業論
主な担当授業 中小企業論、ベンチャー・ビジネス論、韓国語T・U、異文化研修 他
プロフィール 1959年生まれ。東京経済大学大学院経済学研究科国際経済専攻博士後期課程単位取得満期退学(経済学修士)。長岡短期大学(現 長岡大学)経営情報学科、講師、助教授を経て2000年より富山国際大学地域学部助教授。同教授を経て現職。2017年度より学長室長。
所属学会 日本国際経済学会、日本中小企業学会、北東アジア学会
地域での活動 〈公財)環日本海経済研究所共同研究員、とやまビジネスプランコンテスト実行委員
研究活動
研究テーマ 韓国経済研究 中小企業研究 地域経済研究
主な研究の内容 韓国経済について多面的に研究しています。韓国の産業育成の政策分析が主な研究内容です。最近は地域資源の活用と韓流(コンテンツビジネス)の経済効果について調査研究しています。
主な著書・論文・学会発表
著書 「韓国ベンチャー企業の特徴と地方化推進戦略」、『現代韓国経済 進化するパラダイム』 所収論文 日本評論社 2005年

「韓国のベンチャー支援政策とベンチャー企業の発展動向」、『東アジアの発展と中小企業 −グローバル化のなかの韓国・台湾−』所収論文 学術出版会 2006年

「韓国中小製造企業の現状―首都圏企業ヒアリングを中心として」(共著)、『韓国経済の現代的課題』所収論文、日本評論社 2010年
論文 「変わりつつある韓国の中小製造企業」『調査月報』日本政策金融公庫、2009 年11月号
学会発表 일본 지역경제와 지역브랜드(「日本の地域経済と地域ブランド」韓国語で発表)2008年 8 月 28 日 韓国 社団法人 グリーンツーリズム研究会
専門ゼミのテーマ・活動内容
こんな人材を育てたい! 日本以外の国々や地域に関心を持ってほしいと思います。それが翻って、日本をよく知ることになります。留学生のみなさんには日本のことを深く知ってもらいたいと思います。
「グローカル化( glocalization)」について考え、行動する学生を育てます。
専攻演習T(3年ゼミ)の紹介 昨年度は富山市の「学生まちづくりコンペティション」と射水市の「学生による政策提案」に応募しました。射水市への政策提案は審査会で発表し、受賞しました。
今年度も学外でのコンペ、コンテスト等に参加します。チームで活動し、コミュニケーション力を高め、課題発見力・解決力を鍛えます。
専攻演習U(4年ゼミ)の紹介 これまでの学生生活の集大成として、卒業論文作成に取り組んでいます。 就職活動中はゼミ内で活動報告を行い、お互いにアドバイスをしています。
4年ゼミ生 3年ゼミ生

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.