先頭へジャンプ

現代社会学部 - 教員紹介 - 高橋 光幸

氏名
  
  
高橋 光幸 / たかはし みつゆき / TAKAHASHI Mitsuyuki

   研究活動   著書・論文・学会発表   専門ゼミの活動
役職 教授
所属専攻 観光専攻
専門分野 地域経営、地域観光
主な担当授業 観光ビジネス論、観光経営論、観光資源論、観光企画論
プロフィール 日本能率協会総合研究所を経て、2008年4月から富山国際大学現代社会学部教授。観光専攻長(2008年4月〜2014年3月)、現代社会学部長(2012年4月〜2016年3月)。
所属学会 総合観光学会(理事)、日本観光研究学会、日本地域政策学会
地域での活動 観光地域づくりに関する各地の人々の活動や会議に参加し、いっしょに活動しています。
研究活動
研究テーマ @観光資源の保全と利用に関する研究、A観光地経営に関する研究
主な研究の内容 @観光者のニーズの変化を踏まえ、地域に存在する資源をどのように保全し、どのように利用するか、その発想と方法について研究しています。
A地域の観光の振興のために、地域の観光事業者、行政、住民団体など地域のさまざまな主体がどのように連携し、どのような取り組みを行うべきかについて研究しています。
主な著書・論文・学会発表
著書 高橋光幸「「つながり」による観光地域づくり」、総合観光学会編『復興ツーリズム:観光学からのメッセージ』同文舘、2013年、216−223ページ。

高橋光幸「日本における国際観光の展開と地域の課題」、『富山国際大学・遼寧師範大学共同論文集 東アジア地域の歴史文化と現代社会』桂書房、2012年、190−207ページ。

高橋光幸「魅力ある観光地創出の発想と方法」、総合観光学会編『観光まちづくりと地域資源活用』同文舘、2010年、3−16ページ。
論文 高橋光幸「地域の中小企業が連携した観光振興のあり方」、『商工金融』2016年5月号、5−21ページ。
学会発表 高橋光幸「北東アジアの歴史・文化と交流」、遼寧師範大学歴史文化旅游学院・招待講演、2013年10月25日、中国遼寧省大連市
専門ゼミのテーマ・活動内容
こんな人材を育てたい! 私たちが暮らしている地域に対する関心が高く、地域を歩き、現場から問題を考えることに関心のある学生といっしょにゼミ活動をしたいと思います。
専攻演習U(4年ゼミ)の紹介 就職活動に関する情報交換と話し合い、および卒業論文の進捗状況の報告と意見交換を中心にゼミを行っています。卒業論文は、現地調査や事例調査などを行い、その結果を踏まえて考察することを重視しています。
新潟県十日町市「大地の芸術祭」 ゼミ・クリスマスパーティー

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.