先頭へジャンプ

現代社会学部 - 教員紹介 - 助重 雄久

氏名
  
  
助重 雄久 / すけしげ たけひさ / SUKESHIGE Takehisa

   研究活動   著書・論文・学会発表   専門ゼミの活動
役職 教授
所属専攻 観光専攻
専門分野 観光地理学、地域観光論
主な担当授業 観光地理、観光調査・分析法、地域観光論、都市と観光、専門演習T・U等
プロフィール 1962年生まれ。早稲田大学教育学部卒業、立正大学大学院地理学専攻博士後期課程満期退学(文学修士)。立正大学助手、立正大学・中央大学・立教大学等の非常勤講師を経て、2000年より富山国際大学地域学部講師。同准教授を経て現職。
所属学会 日本地理学会、人文地理学会、日本地理教育学会、経済地理学会、棚田学会(評議員)、沖縄地理学会、立正地理学会(評議員)、富山地学会(幹事)、日本黒部学会
地域での活動 富山県ボート協会理事、黒部市地域観光ギャラリー展示変更検討委員
研究活動
研究テーマ 地域観光の振興に関する研究、観光資源の維持・保全に関する研究
主な研究の内容 近年、エコツアー、まち歩き、地域特産物の活用などで地域を活性化しようとする動きが各地でみられます。一方で、少子高齢化の進行により観光産業や、観光客が集まる伝統行事の維持が難しい地域も増えています。私は日本や世界の各地を歩き、現地を自分の目で見、自分の耳で人々の話を伺って、観光による地域活性化や観光資源の維持・保全に向けた方策を探っています。
主な著書・論文・学会発表
著書 助重雄久(2010):高速交通網の整備と飛越観光の課題−募集型企画旅行に関する考察を中心として.大塚昌利編著『地域の諸相』古今書院,139-150.

助重雄久(2014):宮古島観光におけるインターネットの役割とその変化.平岡昭利・須山 聡・宮内久光編『離島研究X』海青社,221-238.
論文 助重雄久・金沢・富山観光調査グループ(2016):金沢を訪れた観光客から見た富山県観光.富山国際大学現代社会学部紀要,8,59-69.

助重雄久・岩林貴文・木佐貫あすか・坂上健高・佐藤叶汰・C田春香・村恵里佳(2017):北海道小樽市における観光の現況と課題.富山国際大学現代社会学部紀要,9,71-84.
学会発表 助重 雄久:「若い力」を活かした島の活性化−民泊・国内移住・域学連携事業の可能性と課題−.2015年日本地理学会春季学術大会シンポジウム「離島の存続可能性」(2015年3月29日)
専門ゼミのテーマ・活動内容
こんな人材を育てたい! 観光による「地域づくり」を五感(目・耳・鼻・舌・皮膚)で学び、その成果や経験を将来いろいろな分野で活かせる人を育てたいと思っています。外を歩くのが好きで、他のゼミ生と楽しく話しあえる学生は、ぜひ助重ゼミへ!
専攻演習T(3年ゼミ)の紹介 毎年、夏休み中に県外観光地で地域調査をし、その成果を学会の学生発表会や紀要論文で公表しています。2015年は北海道函館市、2016年は小樽市で観光動向調査を行いました。2017年は9月22〜25日に沖縄で観光動向調査を行う予定です。
専攻演習U(4年ゼミ)の紹介 卒業論文も就職活動も「情報戦」です。正しい情報をいかに多く集めるかが勝負ですので、みんなで協力し、情報交換しあいながら進めています。卒業論文は、自分で現場に出かけて観光に関するデータを集め、それらをもとに分析や考察を行うことを重視しています。
4年ゼミ生(羊ヶ丘展望台にて) 3年ゼミ生(研究室にて)
研究室HP http://www.tuins.ac.jp/~t-suke/

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.