18年02月13日(火)

富山県寄附講義「高齢者介護のグローバル化:政策と哲学」 #32 [子ども育成学部]

画像(320x240)

熱心に聞き入る参加者

  2018(平成30)年2月11日(日)、杏林大学総合政策学部教授 岡村裕先生をお招きして「高齢者介護のグローバル化:政策と哲学」をテーマに講義をいただきました。
  この講義は地域に貢献する人材の育成に寄与し、学生にとって魅力ある内容の講義を富山県からの寄附講義として実施したもので、本学の「社会福祉概論」の講義として位置づけられており、3年生他関係機関職員等を含め97名が受講しました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

見方・考え方の解説

  講義では、日本のこれからの高齢者介護のあり方を考える上で必要不可欠な外国人介護労働者受け入れ政策の実態を学んだ上で、「外国人介護労働者の受け入れをどうするべきか?」という問いに対してグループで協議し、@より積極的に受け入れるべき、Aより積極的に受け入れるべきではないといった2つの視点で議論しました。

画像(180x180)・拡大画像(320x320)

グループの意見を発表する学生

<受講者の感想>
❑ 外国人介護労働者の受け入れを巡っての議論はとても内容の濃いものとなった。私はより積極的に受け入れるべき側の立場だったが、積極的に受け入れるべきではない側の立場の考えを聞くと、そのすべての考えに納得させられた。メリットがあればデメリットもある。どこに重点を置いて考えていくかが大切だと思った。また、外国人介護労働者の受け入れの注意点として差別や偏見を取り除くことが重要であると思った。
❑ この講義を受けて外国人介護労働者の受け入れという現実問題を考えることができ、自分自身の考えと理解が深まった。賛成と反対の立場に分かれて議論することによって、問題を客観的に捉えることができておもしろかった。講義で出ていた意見の他に、個人的にはAI等のテクノロジーを活用した介護もあると思った。今後、様々な新しい技術が世の中に出てくると思うが、そのような技術を拒否するのではなく、ニーズに応えた正しい使い方ができるように、柔軟な考えを持った社会人になりたいと思った。
❑ グローバル化という視点についてとても考えさせられる講義でした。外国人労働者の受け入れを、日本の労働者不足の課題やコミュニケーションの問題等、様々な面から考えることができました。教育現場における外国人労働者についても考えてみたいと思います。

Posted   パーマリンク

フランスからの留学便り(日本の日について) [現代社会学部]

画像(180x104)・拡大画像(640x373)

画像(180x99)・拡大画像(640x355)

1月20日に「Journée Japan(日本の日)」がありました。この日本の日では、日本語を学んでいる学生と日本人学生とで、日本について紹介します。企画内容は、折り紙、書道、茶道、漫画、柔道などで、大ホールではコスプレショーと日本のダンスショーが行われました。
準備は9月から始まりました。何について取り組みたいか、どうやったら日本について知ってもらえるか、どうやったら楽しんでもらえるかなどをたくさん話し合いました。私は茶道、ダンスに取り組みました。

茶道のデモンストレーションは午前中と午後の2回行いました。私たちは浴衣を着て、お香をたき、お迎えしました。どちらともたくさんのお客さんで、準備していた椅子が足りず立ち見するほどでした。終わった後はたくさんの質問があり、茶道について興味が深まるきっかけになったのではないかと感じました。久しぶりに多くのお客さんの前でお点前するのは緊張しましたが、失敗もなく終えることが出来ました。

ダンスはソーラン節、妖怪体操、Perfect Human、ポッキーダンスを披露しました。毎週火、水、木曜日のランチタイムにみんなと練習しました。振り付けはもちろん、みんなとタイミングや向きポジションを合わせるのが難しかったです。本番はたくさんの観客の前で踊るのはとても緊張しました。しかし妖怪体操では小さい子供とステージで一緒に踊り、その他の曲では手拍子や掛け声を出してくれ、とても盛り上がりました。日本の日で一番盛り上がったと思います。

私は1日中、持参した浴衣を着ていました。すると来場者から浴衣姿を写真で撮っても良いかと尋ねられることがたくさんありました。また、浴衣を着て記念写真を撮るブースはずっと満員でした。浴衣(着物)は日本を象徴し、広く知られているのだと改めて実感しました。

結果は、来場者は前年と比べて約2倍で、大成功だったと思います。後日、地元紙に日本の日についての記事が載りました。日本の日を通して、学生と協力しより一層中が深まったように思います。また、学生だけではなく多くの人が日本について興味を持ち、知ってもらえるきっかけにつながったと思います。私自身、フランス人学生に日本の文化について説明を求められてもうまく答えられなかったり、外国人から見た日本の印象を新しく知ったりと、日本の文化について見直すきっかけにもなりました。

Posted   パーマリンク

18年02月10日(土)

環境デザイン専攻卒業研究発表会を実施 [現代社会学部]

 2018(平成30)年2月8日、現代社会学部環境デザイン専攻の卒業研究発表会を開催し、環境デザイン専攻の4年生39名が、約1年間にわたって取り組んできた研究の成果を発表しました。今年度は全39題中19題が北陸や富山を対象とした研究となり、昨年にも増して研究結果が身近に感じられた内容でした。参加した教員や環境デザイン専攻の3年生が熱心に発表を聞き、発表後の質疑応答においては特に学生からの活発な質問や意見が出ていました。参加した方からは、4年間専攻で学んだ知識や考え方が基本にあり、それが研究成果に表れているとのご意見を頂きました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

環境デザイン専攻長による挨拶

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

環境デザイン専攻の3年・4年約80名が参加

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

学生による研究発表


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生による研究発表

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

教員や学生が活発に質疑応答

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

発表者全員による記念撮影


Posted   パーマリンク

18年02月02日(金)

富山県寄附講義(保育・幼児教育分野)を開催します [子ども育成学部]

画像(127x180)・拡大画像(452x640)

■日時:平成30年2月13日(火)10:50〜12:20
■場所:富山国際大学 呉羽キャンパス
■講師:学校法人渡辺学園 港北幼稚園 理事長 兼 園長
      認定こども園ゆうゆうのもり幼稚園 園長
      渡辺 英則氏

画像(126x180)・拡大画像(450x640)

Posted   パーマリンク

授業力向上セミナーが開催されました  #31 [子ども育成学部]

画像(180x119)・拡大画像(606x403)

  2018(平成30)年1月27日(土)、筑波大学附属小学校の二瓶弘行先生をお迎えして、授業力向上セミナー「最高の教材で最高の“言葉の力”を育む授業」が開催されました。
  この冬一番の大寒波にもかかわらず140名の現職教員と学生の参加を得ました。講義は、金子みすずの「ふしぎ」、木島始の「いたいな」の詩を核として展開され、二瓶先生と参会者が一体となった和やかな中で進みました。3時間を超える講義内容は、現職教員の先生方や教職を目指す学生達に大きな刺激を与えることとなりました。
  このセミナーは、富山県寄附講義として富山県より多大のご支援をいただき開催されま
した。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

PHOTO

東黒牧ニュース「浜松誠二教授の最終講義」

東黒牧ニュース「浜松誠二教授の最終講義」

幼稚園教育実習の報告会を行いました。

幼稚園教育実習の報告会を行いました。

子ども育成学部で「クリスマス会」が開催されました。   #53

子ども育成学部で「クリスマス会」が開催されました。 #53

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.