17年08月08日(火)

子ども育成学部の前期末ガイダンスが行われました #11 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  2017年8月8日(火)3限に4年生、4日(金)2限に3年生、7日(月)5限に2年生、8日(火)4限に1年生というかたちで、各学年の前期末ガイダンスが実施されました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  学部長挨拶から始まって、夏季休業中の過ごし方、実習について、救命講習会について、事務室からの連絡等が、各学年の全学生に伝えられました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  学部長挨拶では、前期の回顧と後期への展望が示されました。夏季休業中の過ごし方については大学を離れている間の健康維持や安全確保等について具体的なアドバイスが伝えられました。今後の実習に向けての心構えや要件が再確認され、救命講習会へのガイダンスも行われました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

  前期末の試験も終わり、学生たちは長い夏休みを充実させる気持ちを固めていました。

Posted   パーマリンク

17年08月04日(金)

語学力向上のためのSD研修会開催 [国際交流センター]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

8月2日、職員の英語対応力を高めるためのSD研修会が行われました。学期末の忙しい時期でしたが、学生サービス窓口対応の職員を中心に10名の職員が参加しました。講師は現代社会学部の英語教員であるパブリー講師が務め、学生対応に必要な英語を中心に日常的に必要な会話練習をしました。

Posted   パーマリンク

17年08月03日(木)

サマースクール2017始まる [国際交流センター]

中国の大学で学ぶ学生を対象にしたサマースクール2017が8月2〜8日の予定で始まりました。南通大学、ハルピン理工大学、鞍山師範学院の3大学からの参加者16名は1日に富山入りし、前夜祭として富山花火を楽しみました。
 2日は9時半から開校式を行い、尾畑学部長の歓迎の挨拶に続き、才田国際交流センターが富山国際大学での学びや日本文化のワンポイントレッスンを行いました。その後、富山すし協会の職人さんによる「巻きずし体験」、「本学学生や中国を学んでいる社会人受講生との交流会」などで日本文化に触れる機会を持ちました。
 3日からは現代社会学部3専攻の授業とそれに関連する施設見学が予定されています。

画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)

画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)

Posted   パーマリンク

17年08月02日(水)

アイペック奨学金贈呈式を行いました [国際交流センター]

 7月31日、カナダへ7か月間留学する2名の学生、現代社会学部2年の奥村あかりさんと川平裕太郎さん対してアイペック奨学金が支給されました。

画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)

 同奨学金は株式会社アイペックの相談役である高見氏が、本学の留学促進に役立ちたいと、昨年度に引き続き個人資産からご寄付頂いたものです。高見氏からから、留学先では勉強だけでなく人との交流を楽しむようアドバイスを頂きました。これに対して奥村さん、川平さん共に、英語力を伸ばすことだけでなく、カナダ文化と人の理解に努めたいと抱負を述べていました。
 同奨学金を希望する学生は、国際交流センターに問い合わせてください。

Posted   パーマリンク

17年07月24日(月)

川口志穂さん、昨年に続き書道で毎日賞受賞 [現代社会学部]

 富山国際大学現代社会学部4年生の川口志穂さん(雅号、川口花穂さん)が、毎日書道展のU23漢字U類で毎日賞を受賞しました。毎日書道展は今回で第69回を迎え、公募約2万9千点を誇る日本最大の総合書展です。漢字、かな、篆刻、近代詩文書、大字書、刻字、前衛書の7部門から構成され、その多彩な作風や先進性、芸術性は海外でも高く評価されています。そのなかで、次世代を担う23歳以下を対象としたU23の毎日賞(受賞計11点、うち漢字部II類3点)に、川口さんの作品が二年連続で選出されました。
 川口さんは、今回の作品のコンセプトとして「きりっとした、きれのあるものを」と掲げたようで、その文字からは勢いや流れを感じます。他のジャンルの作品も良しと思える目を養い、作品のステップアップに繋げたいと考える彼女のひたむきな向上心から、今後のさらなる活躍を期待せずにはいられません。
 受賞作品は国立新美術館で展示(7月12日〜24日)の後、北陸の毎日書道展(8月20日〜8月24日於富山県民会館)にも巡回展示される予定です。

(文責:現代社会学部3年 矢沼一誠)


画像(180x61)・拡大画像(640x219)

国立新美術館における作品展示

画像(180x101)・拡大画像(640x360)
画像(101x180)・拡大画像(360x640)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

留学生の富山探訪

留学生の富山探訪

「RESTラ〜ン」看板除幕式(東黒牧キャンパス厚生棟ネーム看板設置)

「RESTラ〜ン」看板除幕式(東黒牧キャンパス厚生棟ネーム看板設置)

富山県寄付講座 「道徳教育セミナーIN 富山」  #47

富山県寄付講座 「道徳教育セミナーIN 富山」 #47

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.