18年09月07日(金)

デンマーク研修2018(その3) [現代社会学部]

 本日(9月6日)は、ウアンホイ小学校への訪問でスタートしました。小学校で英語をマスターし、精神的に大人にならなければ中学を卒業できないデンマークの教育を現場体験することが目的です。今日は2-3年生と6年生の授業を見学し、6年生のクラスでは学生が準備した日本の遊びを紹介し小学生と英語で交流しました。
 引き続き午前のプログラムとして廃棄物発電所を見学、地域の廃棄物と麦わら、木質チップ、バイオガスを用いた発電および熱供給の仕組みを学びました。
 午後にはデンマークエネルギー政策の要とも言えるバイオガスプラントを見学しました。ここでは近隣の25世帯の農家から出される家畜の糞尿と農業残渣を用いて、発酵によってメタンガスを生成するプラントを見学しました。デンマークでは現在、家畜の糞尿や農業残渣、生ごみなどのバイオ廃棄物の約20%が有効利用されており、今後利用は拡大する見込みであることを学生とともに学びました。
 このようにデンマークではバイオ廃棄物の利用技術が積極的に開発されていることを学び、さらになぜ日本ではそのような技術開発が促進されないかについて学生と共に考える機会となりました。(文責:上坂)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ウアンホイ小学校の前で。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

小学生に竹トンボを紹介

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

けん玉はかなり難しい様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

折り紙を使ってのトントン相撲

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

廃棄物発電所の内部を見学

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

麦ワラ貯蔵庫の前での解説

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

バイオガスプラントの外観

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

家畜の糞尿を搬入するローリー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

修理技術者へのヒアリング

Posted   パーマリンク

18年09月06日(木)

デンマーク研修2018(その2) [現代社会学部]

 昨日に引き続き本日9月5日(水)に実施したデンマーク研修の模様を速報でお知らせします。
 本日午前中にはまずユトランド半島中央部にある廃棄物の中間処理場を見学しました。ここは1910年代から1970年まで約50年間にわたり泥炭を採掘していた跡地で、デンマークの歴史的な場所でもあります。デンマークの廃棄物は70%がリサイクル、30%が燃料として利用されています。中間処理場では産業廃棄物を中心として、再利用のための処理を行っています。
 続けてオーフス大学ウアンホイ校を訪問、デンマークの学生がいかにして企業や社会と連携して学びを進めているかを理解しました。デンマークの大学生一人ひとりが明確な職業観をもって学んでいることに学生一同、衝撃をうけました。
 午後からはウアンホイの地域暖房会社を訪問して、太陽熱・麦わら・バイオガスエンジンを用いた地域熱供給を学びました。この会社はウアンホイ地区475世帯に熱供給しており、各世帯での個別暖房や給湯はありません。これによって地域ごとに効率のよい熱利用を実現しています。(文責:上坂)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

泥炭採掘場の歴史を学ぶ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

採掘場跡での記念撮影


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

オーフス大学の教育内容を聴講

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

木材加工実習室を見学

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

電子ラボで開発中の学生を直撃

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ボイラー用の麦わらの受け入れ倉庫

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

麦わらボイラー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

バイオガスで熱電併給するエンジン


Posted   パーマリンク

18年09月05日(水)

デンマーク研修2018を開始 [現代社会学部]

 2018(平成30)年9月3日から9月9日まで、現代社会学部の2年から4年の学生9名が参加して、環境先進国デンマークの環境活動と教育・福祉をまなぶ「デンマーク研修2018」が開始となりました。
 一行は9月3日にデンマーク入りし、4日(火)午前にはケンジ・ステファン・スズキ氏による座学でデンマークの歴史や考え方を学び、まずデンマークの社会の仕組みや倫理感などを理解しました。午後からはユトランド半島中央部にある出力500kWの風車20基が立ち並ぶ25年目のウインドファームを見学し風力発電の歴史に触れ、さらに昨年建設された出力3600kWの最新鋭の大型風車を見学。高さ約120mにおよぶ巨大な風車の雄大な姿と迫力に圧倒されました。
 風力発電に続けてビルベア市のリサイクルセンターを訪れ、廃棄物の26種類にもおよぶ緻密な分別収集の現場を見学しました。分別収集は基本分類が定められており、地域に適した分別種を集めることとなっているとのことで、効率的な分別収集の方法であることを学びました。(文責:上坂)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ツァイハイの丘(110m)での記念撮影

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

5000kWのウィンドファーム

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ウィンドファームにて風車を学ぶ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

陸上最大の3600kWの風車の基部

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

リサイクルセンターでの説明を聞く

Posted   パーマリンク

18年08月31日(金)

「NPO法人きんたろう倶楽部との協働による森づくり活動」は中止します。 [現代社会学部]

明日(9/1)予定しておりましたきんたろう倶楽との協働による森作りは、大雨が予想されるため中止いたします。

18年08月23日(木) NPO法人きんたろう倶楽部との協働による森づくり活動

Posted   パーマリンク

18年08月27日(月)

学生まちづくりコンペティション2018で重本ゼミの「主味探訪」が採択されました [現代社会学部]

8月25日(土)、まちづくりとやま主催のまちづくりコンペティション2018公開プレゼンテーション発表会がウィズビル4階シネマホールで開催されました。
現代社会学部からも2チームが参加し、高橋ゼミ企画の「舟橋カレー」、重本ゼミ企画の「主味探訪」が提案されました。全体で9チームが発表し、重本ゼミの企画「主味探訪」が採択されました。本企画は、総曲輪地区周辺の個人経営のバー、居酒屋、カフェなどの店主の趣味や人柄をまとめたマップ型ホームページを作成するものです。また、デザインマネジメントとマーケティングの専門ゼミである重本ゼミでは、マップのそのもののデザイン性にも力を入れ、広告効果にも期待しています。ホームページは学生たちが作成し、管理・アップデートを行っていきます。
本事業は9月から本格的に始動し、その成果は11月10日の事業報告会で報告される予定です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

地(知)の拠点 推進事業ニュース第4号を発行しました。

「魅」ひとりひとりの魅力が輝いた仁友祭  #22

「魅」ひとりひとりの魅力が輝いた仁友祭  #22

平成29年度 環境デザイン専攻 卒業研究発表会を行いました。

平成29年度 環境デザイン専攻 卒業研究発表会を行いました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.