18年05月17日(木)

「環境デザイン実習」で産廃中間処理場を視察 [現代社会学部]

 地域資源の活用など環境の視点からの実践的学びの一環として、環境デザイン専攻3年生前期に「環境デザイン実習」を実施します。グループ毎に決めた地域をフィールドとして、地域が抱える問題を調査・分析し解決するための調査研究を実施します。まずは、基礎知識を養うために、いくつかの環境関連の県内施設を視察します。
 5月10日には、金原開発株式会社の富山リサイクルセンターの住宅解体資材の中間処理場を視察しました。39名のほとんどの学生が初めて見る施設であり、木造住宅の解体工事で排出される産業廃棄物にはどんなものがあるのか?どのくらいの割合の資材がリサイクルされるのか?最終的にどのように処理されるのか?など、熱心に説明を聞き、しきりにメモを取っていました。
 今回の視察を通して学生は、現状の住宅解体工事に係る産業廃棄物処理の問題や課題をいくつか捉えることができたようです。

画像(180x134)・拡大画像(629x471)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x134)・拡大画像(640x479)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2018


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

富山県寄附講義(幼保分野)を開催  #40

富山県寄附講義(幼保分野)を開催  #40

介護等体験発表会を開催  #46

介護等体験発表会を開催  #46

教養演習「ゼミ別活動合同発表会」を開催しました!  #22

教養演習「ゼミ別活動合同発表会」を開催しました!  #22

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.