17年09月18日(月)

韓国異文化研修現地報告(第2報) [国際交流センター]

 本学協定校である大邱大学校・大邱韓医大学校・聖公会大学校および大邱大学LINC事業団のご協力のもと、現代社会、子ども両学部13名の学生が参加した13日間の韓国異文化研修が終了いたしました。心より感謝申し上げます。
 日韓3大学、38名の学生が寝食を共にして課題に取り組む3日間のグローバル・キャンプの後には、世界遺産である古都慶州の仏国寺や慶州郷校など美しい伝統建築を見学しました。また、韓国の伝統文化体験として扇子の彩色体験や民族衣装での所作を学び、まるで映画に入り込んだようなシーンも体験しました。
 大邱韓医大学校化粧品工学部では企業と合同で韓方を用いた化粧品の開発・製造を進め、有名ブランド化粧品のOEMや自校ブランド立ち上げも手掛けておられます。今回は特別にラボを見学、化粧品サンプル作成、また担当教授から化粧品製造工程をレクチャーしていただきました。充実した大邱での8日間の日程を終えソウルへ出発の前夜、厳しいキャンプや学生寮滞在でお世話になった地元の学生とは涙の別れとなったようです。
 聖公会大学校での交流は1日のみでしたが、日本語学習歴1年にも満たない学生が一生懸命日本語を話す姿に大きな刺激を受けました。最終日の自由行動では、韓国到着当初のぎこちなさと打って変って、堂々とコミュニケーションをとろうとチャレンジするめざましい姿がありました。
 日本と韓国の間には難しい課題も山積していますが、今回の研修をステップにして学生たちには文化や言語の違いを越えた信頼関係を築くグローバル人材としてさらに成長してほしいと願っています。次回は研修報告第3報として、参加学生からの研修レポートをお送りします。乞うご期待!
 本研修は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)、平成29年度海外留学支援制度(協定派遣)(短期研修・研究型)プログラムに採択され、実施できましたことを関係各位に感謝いたします。

*LINC事業団:‘Leaders in INdustry-university Cooperation’の略字で、日本の文科省に相当する教育部が‘地域大学と地域産業の同伴成長’というビジョンのもとで、産学協力の活性化のために、2012 年から実施している大規模の大学支援事業

画像(180x118)・拡大画像(640x420)
画像(180x134)・拡大画像(627x470)
画像(180x134)・拡大画像(578x433)
画像(150x180)・拡大画像(531x635)
画像(180x41)・拡大画像(640x149)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(166x180)・拡大画像(483x522)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(636x477)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PHOTO

English Cafe Iron Chef!

English Cafe Iron Chef!

東黒牧ニュース「第41回中部選手権競漕大会 優勝ラッシュ」

東黒牧ニュース「第41回中部選手権競漕大会 優勝ラッシュ」

学生まちづくりコンペティションで二つの企画が採択されました

学生まちづくりコンペティションで二つの企画が採択されました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.