17年04月09日(日)

留学生、桜を堪能! [国際交流センター]

4月8日、新たに入学した27名の留学生(学部生12名、交換留学生15名)が、国際交流センター主催の花見に参加しました。 留学生に、日本の文化、歴史、ヒト、モノ、および富山の魅力を知ってもらうために、毎年のように行われる慣例行事です。午前中は、金岡邸を見学し、富山の伝統文化、売薬歴史を勉強した後、昼ごろから富山城址公園を散策と松川辺などでお花見をしました。参加した、ハルピン理工大学からの交換留学生、孟海燕さんが感想文を寄せてくれましたので紹介します。(湯麗敏)

画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)

「きょうは学校の先生方と一緒に、環水公園と城址公園、桜の名所である松川辺で満開の花見を楽しみました。実は日本に来る前に、日本の桜に憧れて、チャンスがあれば、必ず花見に行きたいと考えていました。今日はそれが実現でき、とても嬉しく、中国の友達に早速写真を送りました。桜はとっても綺麗だと心の底からそう感じました。日本人の家族は満開の桜の木の下に坐ってご飯を食べたり、話しをしたりする光景を見ていた私たち留学生は、これが話に聞いていた花見なんだと、本当に感動しました。
 花見をする前に、金岡邸という富山市の薬種商の会館を見学し、富山の売薬に関する歴史を知ることが出来ました。金岡邸は今、国登録有形文化財の富山県民会館分館になっていますが、昔は、富山国際学園の理事長の家だったそうです。150年前の当時の様子をそのまま保存してあり、中には、いろいろな珍しい生薬や動物の標本があり、その中でも私は特に麝香鹿に興味を持ちました。その麝香鹿は中国科学院から寄贈されたもので、貴重なものだと紹介されました。1日があっという間に終わったけれども、大変いい思い出になる、とても楽しく有意義な一日でした。」孟海燕

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

「生活文化演習」で恒例の「茶の湯」体験  #46

「生活文化演習」で恒例の「茶の湯」体験 #46

第31回全日本大学女子野球選手権大会に出場  #14

第31回全日本大学女子野球選手権大会に出場  #14

富山国際大学開学25周年記念国際交流フォーラム「グローバル社会における国際貢献・地域貢献について考える」を開催しました。

富山国際大学開学25周年記念国際交流フォーラム「グローバル社会における国際貢献・地域貢献について考える」を開催しました。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.