18年01月18日(木)

8ヶ月の留学を終えて帰国しました。(幅口桃衣) [国際交流センター]

私は2017年2月25日から2018年1月3日の約8ヶ月間、中国の大連海洋大学で留学をしていました。
<クラスについて>
 大連海洋大学の国際教育学院には、ロシア、韓国、日本からの留学生がいます。クラスはロシア人、韓国人と日本人に分けられていました。私のクラスは、日本人1人と韓国人4人の5人という少数人数で構成されており、仲が良く、わからないところを質問しやすい雰囲気でした。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

<授業について>
 私は、前期に中級班の授業を受け、後期は高級班の授業を受けました。私は中国語がほとんどゼロの状態から留学を始め、周りの韓国人がHSKという中国語の検定を持っていたので、最初は授業に対しての不安が大きかったです。しかし中級班は、総合、リスニング、読解、作文、会話と分けて力をつけることが出来るので、弱点を克服しやすく、また得意な所を伸ばしていけると思いました。高級班の授業は、総合、リスニング、読解、会話の4つでした。どれも中級班より出てくる単語の数は増え、文章も長くなりました。慣れるまでは難しく感じ、中級班に戻りたいという気持ちはありました。しかし、難しいと感じなければ進歩がないと思い、後期は高級班で頑張ることにしました。授業以外では、HSKに積極的にチャレンジすることができました。前期、後期共に1回ずつ受けました。1回目に受けるときは、自分一人では不安が大きかったため、先生にサポートをたくさんしてもらいました。自分の心配なところを重点的に練習し、試験に備えました。HSKを受けることは、自分の能力が分かるとともに、自分の中国語の能力を上げることができました。また、目標があることで頑張ることが出来たので良かったです。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

前期の土曜日、日曜日は日本語サロンがあり、日本語科の学生と一緒に交流していました。日本語科の学生の日本語のレベルは高いため、翻訳などをしていました。日本語を学習したい人は日本人と、中国語を勉強したい人は中国人と交流が出来るので、お互いにとてもいい時間を過ごすことができたと思います。。
<日常生活について>
  学校の近くにはバス停や最近できた地下鉄の駅があるため、交通に困ることは、ほとんどありませんでした。また授業のほとんどが午前で終わることが多く、午後からは次の日の予習や復習をしていました。時間があるときはカフェに行き、勉強をしたり、映画をみたりしていました。大連には大きなショッピングモールが多くあるため、休みの日は友達と出かけることが多く、服を見たり、雑貨屋でブロックを買い、カフェで勝負をしたりしていました。中国では前期に2回、後期に1回、一週間もしくは一週間以上の休みがあるため、その期間を利用して、旅行に行きました。前期は中国の友達に招待され、友達の故郷へ連れて行ってもらいました。友達の故郷は鞍山にあり、私は鞍山に行くのは2回目でした。鞍山はどちらかというと田舎なため、私が友達の家に行くとき、お母さんや、高齢の方が外国人に理解があるのか、受け入れてもらえるのか、とても不安でした。しかし私が思っていたよりも、とても暖かく出迎えてもらえました。また、中国では、お客としてではなく、家族のように接することが、一般的です。私は中国語があまり話せない時期に鞍山へ行ったため、会話は私にとって簡単なことではなかったけれど、楽しく過ごすことができました。また、中国の家庭料理を食べたのが初めてで、どれもおいしく、少し日本へ帰りたくなりました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

後期は上海へ旅行に行きました。初めて中国人がついていない国内旅行でした。飛行機のチケットを買うのも、ホテルを予約するのも、すべて自分たちでしました。私たちの1番の目的は东方明珠塔だったので、その近くで一番条件のいいホテルを探すのは一番大変でした。そして一番不安だったことは、上海にも方言があり、相手の言ったことが聞き取れなかったり、自分の言ったことが伝わらなかったりすることでした。しかし、今まで勉強してきたことを信じ、順調に旅行を終えることができました。自分で出来ることが増え、とてもいい経験になりました。
約8ヶ月間の留学生活の中で、印象的で且つ共通していたことがあります。それは、大連は人情あふれる街だということです。私が大連に来たばかりの時に、大連海洋大学の学生が日用品を揃えるために一緒に買い物についてきてくれて、手伝いをしてくれました。大学1年生の時、全く中国人留学生と関わってこなかったので、留学を終えて帰ったあとに、中国人留学生のお手伝いができたらいいなと思います。この留学生活で自分にできることが増えたことや、新しい自分が知れて、とてもいい経験になりました。これからも交流を大切にし、中国語が上達できればいいなと思います。

Posted   パーマリンク

17年12月09日(土)

留学報告Mr. Kawahira from CANADA [国際交流センター]

次は川平裕太郎さん(現代社会学部)のレポートです。
川平さんは、普段しないことをしてみたいと思い、「レスブリッジファミリーサービス」という、新たにカナダにやってきた人たちのためのNPOをネットで探し出して活動に参加したり、そこで知り合った方の紹介で大きな教会で開かれた持ち寄りパーティに出席したりして、様々な国からやってきた人々と交流できたそうです。大学での勉強もがんばりつつ、このような活動で視野もさらに広がっていくのではないかと思います。
________________________________________

At the beginning of October, I thought that I wanted to do what I seldom do and make this campus life different from ordinary because I was expecting that it was always busy, but we unexpectedly had more free time except for the classes and social events at the university, so I have decided to do something interesting, especially some interesting volunteer activities. Then, I found a good one on the Internet that is called “Lethbridge Family Services.” It is a non-profit organization and mainly for giving supports to newcomers who come from other countries to Canada. On October 6th, I visited a facility of the organization and I registered as a volunteer member. The tasks that interested me most were individual or family matches and conversation circle. I have not experienced the former as yet, but I have taken part in the conversation circle. It is held on Saturday morning every week and many volunteers and newcomers flock together. They are from various countries like China, Nepal, Syria and so on.
When I attended the conversation circle for the first time, I met an elder person who attended it as a volunteer. His name is George and he has experienced in volunteering for many years. On the same day, he introduced another organization to me which is called “International Ministries.” It holds some international activities and events like a potluck party, bible study and conversation class. Actually, I have already participated in these three types of events since the day I met George. In particular, the potluck party was so impressive. The venue was a big church in Lethbridge and there were many participants and staffs (including George). I invited my friend and she brought some cookies, but I did not bring anything because I was expecting that a meal would be served. I met many people who came from other countries and talked with them. Many round tables were arranged in the venue and there were Mexican people at the table where I was sitting. I talked with them about Japan as they said they had been to Japan. I was surprised because they knew a lot about Japan.
My friend’s birthday was in October. I invited her and other friends to my host family’s house and held her birthday party. Then we cooked some dishes such as gyoza, pasta and pizza. She said the food was so good, and she was so pleased with the presents that we gave her. We were pleased, too, because she was happy about that. I hope she will have a good year.
In summary, I feel a little growth of myself every day.

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

留学報告Miss Okumura from CANADA  [国際交流センター]

カナダの協定校、レスブリッジ大学に留学している現代社会学部2年生の奥村あかりさんと川平裕太郎さんから10月のレポートが届きました。

次は奥村あかりさんのレポートです。
レスブリッジは10月にすでにかなり寒くなっていたようですが、感謝祭やハロウィーンに参加してたっぷりと本場の伝統的な行事を味わえたようです。友人たちが誕生日パーティを開いてくれるという幸運にも恵まれ、今後の勉強への意欲も高まっているようです。これからもたくさんの勉強や文化体験ができることでしょう。素晴らしい留学生活となるようがんばってください。
...................................................

Lethbridge is getting cold, and it was snowy on October 2nd. I could not believe the fact. Ideally, I should get up at 7 o’clock every morning, but it is a little tough for me because of the cold weather. However, October was a fabulous month and I will describe it.
First, my friends held birthday parties for me. I was very happy about it. Some of them made a great supper for me. They made pasta, gyoza, hamburgers, pizza and cakes. It was amazing.

画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)

Second, I enjoyed Thanksgiving Day in Saskatchewan. October 9th was Thanksgiving Day this year in Canada. We do not have this holiday in Japan, and I did not know what people do on the day. I asked my host mother about it and she said, “Eat turkey and just relax.”, and they commonly visit their parents or grandparents. That is why I visited my host father’s parents in Saskatchewan. I ate turkey, stuffing, cabbage rolls, pumpkin pie, and so on. It is standard to eat turkey with cranberry sauce or gravy. Some foods were Ukrainian cuisine. Thanksgiving Day stimulated me to learn about Canadian culture. I cannot wait to experience Christmas in Canada!

画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

Third, I had a lot of fun on Halloween. It was my first time to enjoy authentic Halloween. I carved a face and a bat on my pumpkins, and put these on the front doorway before Halloween night. It was difficult to cut the pumpkins that were as hard as stones, but I succeeded in making the face creepy. Amazingly, people in Canada eat pumpkin seeds which were cooked and seasoned. We can make it easily, and it tastes good. I will try to make it in Japan. On the day, I went trick-or-treating with my host brother and mother in our neighborhood though I am too old to go trick-or-treat. I saw some spooky houses and sophisticated pumpkin carvings. Some children dressed up as a zombie, and others wore a princess dress. It seemed like they were having a great time. I also enjoyed the event fully!
All in all, I feel time flies every day. I have to study hard, and also play hard. I know I do not have enough time to acquire excellent English, but I will do my best. I hope I will be able to have good days in November, too.

Posted   パーマリンク

17年11月15日(水)

富山市国際交流フェスティバルに参加しました [国際交流センター]

11月12日(日)の富山市国際交流フェスティバルにおいて、本学主催の「私の異文化体験」を開催しました。参加してくださった市民の皆様、ありがとうございました。
【第1部】では、3名の留学生が自身と日本とのつながりや日本(富山)に来てからの発見や学びについて話し、2名の日本人学生が韓国とタイでの異文化研修について報告しました。「百聞は一見に如かず」と言いますが、実際に暮らして、あるいは滞在してみて直に感じ取ったことを、それぞれが生き生きと話してくれました。韓国の大学生は夜遅くまで勉強しているらしい、タイの少数民族への新しい食生活の導入には難しさもあるなど、興味深い話がたくさん出てきました。留学生は、日本の良い面を多く話してくれますので、市民の方から「あなたの国の良さは何だと思いますか」という質問もありました。留学生の話の中で、「これからの交流を担う責任が私たちにはある」という発言があったことも印象的です。 若い人達同士の国際交流や世代を超えた交流を、これからも支援していきたいと思います。
【第2部】は、本学のエクステンションプログラムの英語講座を受講されている市民の方達と本学の学生達との初コラボが実現しました。英語版の「笠地蔵」(The Grateful Stone Statues)の語り聞かせです。発表後は、本学の海外協定校の先生や学生達も交えて、日本人にとっての「地蔵さま」の存在や「陰徳」の意味などについて一緒に考え、外国の民話にも想いを馳せました。
(国際交流センター次長 福島美枝子)

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

王 永楠 「私と日本との出合い」

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

張 馨亓 「私の異文化体験」

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

ホモコス アンヌ・マリー「私が見つけた日本」

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

岩折 匠 「異文化研修 in 韓国」

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

中林 知暉 「異文化研修〜タイ」

画像(180x120)・拡大画像(640x429)

英語で「笠地蔵」の語り聞かせ

画像(180x120)・拡大画像(640x429)
画像(180x120)・拡大画像(640x429)

語り聞かせを担当された市民受講生の方達のほかに、「笠」「地蔵」「正月」についての説明文(英語)やパワーポンイントを作るといった「陰徳」を実践された市民の皆様がいらっしゃいます。来年の企画も楽しみにしたいと思います。

Posted   パーマリンク

フランス留学報告(1)ー高木里佳さん [国際交流センター]

フランスのEMBA・ISUGAビジネス学院留学中の現代社会学部2年の高木里佳さんからの月例9月報告を掲載します。

こちらに来て1か月経ちました。フランス人学生はもちろん、留学に来ている日本人学生、韓国人学生、中国人学生などいろんな国の学生と友達になりました。先生や友達のおかげで楽しく毎日を過ごしています。
 こちらでの授業はフランス語、英語、フランスについて、ヨーロッパについて、ブルターニュについて、アジアの社会情勢についてなどの授業があります。また1月には「日本の日」という行事があって、日本人と日本語を勉強している学生たちで、他の学生たちに向けた日本の文化を紹介・体験できる様々な企画の準備をしています。授業は英語で行われていて、周りの学生の助けもあって今のところ授業にはついていけています。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)

休日は家でのんびり過ごす日もあれば、パーティに参加したり、ご飯を食べに行ったり、女子会を開いたりしています。日曜日はほとんどのお店が閉まっているので、日曜日は家にいることが多いです。10月の終わりから11月の初めまで休みがあるので、旅行に行ってみたいなと思っています。
ホームシックにはなっていませんが、ときどき日本食が少し恋しくなったり、日本の便利さや住み心地の良さを感じたり、日本の友達に会いたいなと思ったりします。でも、こっちの生活もたくさんの発見があり楽しめています。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)
画像(180x135)・拡大画像(320x240)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

呉羽キャンパスの第7回仁友祭が開催されました!  #40

呉羽キャンパスの第7回仁友祭が開催されました! #40

呉羽キャンパスの黄花コスモス次々開花

呉羽キャンパスの黄花コスモス次々開花

「教養演習・ゼミ別活動合同発表会」を開催しました

「教養演習・ゼミ別活動合同発表会」を開催しました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.