16年07月20日(水)

教養演習「ゼミ別活動合同発表会」を開催しました!  #22 [子ども育成学部]

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

興味深い発表が続きます

  2016(平成28)年7月14日(水)、「教養演習ゼミ別活動合同発表会」を2グループ(2会場)に分かれて行いました。教養演習(1・2年生全員)のゼミごとにテーマを設定し、1〜2ヶ月かけて調査・研究を行ってきました。
  学生たちにとっては、これまでの研究の成果を発表するとともに、他のゼミの研究を聴くことで、自分たちの研究を振り返る機会となりました。今後は、興味・関心を広げ、10月の大学祭での展示に向けて、さらに研究が進むことを期待します。

画像(180x135)・拡大画像(364x274)

活発な質疑応答

【学生の声】
❑ 先輩たちと初めてのゼミ研究で一生懸命取り組みました。発表の方は、事前に何度も練習し、何とかうまくできたのではないかと思います。とても良い想い出になりました。(1年生)
❑ 自分たちと違う視点から質問がいただけたので、今後の研究の参考にしたいです。他のゼミの発表のテーマも子どもに関することから自分たちの身近にあるものまで多岐にわたりとても興味深かったです。(1年生)
❑ 自分一人では調べられないことを深く知ることができました。大変有意義な時間になりました。大学祭の最終発表が楽しみです。(2年生)
❑ 長い期間、ゼミのメンバーと取り組んできたことの発表ということもあり、感慨深いものがありました。他のゼミの発表を聴き、新たな発見があり知識も深まったように思います。(2年生)


画像(180x120)・拡大画像(640x428)

発表する学生たち

<αグループのテーマ>
@ 絵本の魅力
A アレルギー代替食のお菓子
B 子ども服 〜安全性と機能性〜
C 子どもと習い事
D 「子どものおやつ」について
E 富山国際大学の魚事情 〜魚離れは本当か〜
F 地震からくる二次災害
G 草木染にチャレンジ!
H チョコレートの効果

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

質問する学生

<βグループのテーマ>
I やなせたかしのアンパンマン
J 子どもの三大アレルゲンに関して
K 「コアラのマーチ博士になろう!
L 子どもの絵の特徴とそこから分かる心理
M 学校給食が子どもの健康を支える。
N 空気砲について
O ジブリの音楽
P ピタゴラスイッチ 〜ピタゴラ装置つくってみた〜

Posted   パーマリンク

16年07月12日(火)

Tazuko McLaren’s visit to TUINS [現代社会学部]

Friday of last week, TUINS was visited by Tazuko McLaren sensei of sister university, Southern Cross University (SCU) Lismore, Australia.

McLaren sensei is instrumental in promoting cross cultural understanding, and strong links between Australia and Japan. For many years she has coordinated the Japan Centre at SCU, and a very successful language exchange program. She frequently visits Japan, her home country, promoting the connection between the two countries.

Last week McLaren sensei joined us at TUINS English Cafe where many students enjoyed talking with her. This year some TUINS students will join the SCU program, and they had the opportunity to speak with McLaren sensei. She also met and spoke with many other students about Lismore, SCU, and the value of studying abroad. We were very lucky to meet with her, and all had a wonderful time together!

I hope that in the future many TUINS students will take the opportunity to participate in the SCU exchange program, and also consider studying abroad.

画像(180x134)・拡大画像(640x478)
画像(180x134)・拡大画像(640x478)

Posted   パーマリンク

16年07月11日(月)

1年生91名が[i射水市大島絵本館」へ学外研修に行きました。  #21 [子ども育成学部]

画像(180x135)・拡大画像(389x292)

学芸員さんのお話を真剣にメモする1年生

  2016(平成28)年7月7日(木)、「図画工作」履修者の1年生91人が3班編成になって、「射水市大島絵本館」に学外研修に行きました。学芸員さんから、大島絵本館の歴史や斬新な船の形をイメージした建築設計者の意図を聞きました。さらに、18,000冊もの絵本が収蔵され、そのうち10,000冊の絵本が、絵本館でいつでも読むことが出来ること等を聞き、大変驚きました。
  また、絵本が子どもの成長に果たしている役割や、大人になっても絵本との出会いは心を豊かにすることができるというお話を聞き、とても素敵なことだと感心しました。

画像(180x106)・拡大画像(270x160)

絵本とは・・・・すばらしい!

  丁度、「おおしま国際手作りコンクール2016」が開催中で、入賞した中に本学部2年生の作品も展示されていました。どの学生も、その発想の素晴らしさや作り方に感動して見入っていました。
  この学外研修では、絵本館や絵本の魅力を見つけ、さらには手作り絵本を製作したい意欲を持つなど、これからの学習への意欲づけになりました。


画像(136x180)・拡大画像(150x198)

私たちとても真剣に聞きました!

学生の感想
❑ はじめて絵本館に来た。大学の近くで、このような場所があることを知らなかった。建物のオブジェや色彩が美しく楽しい場所で、絵本がたくさんあり、夢の世界にいるようで楽しめる空間でした。
❑ 小さい頃に一度来たことがあるが、18歳になって違う見方が出来る自分を発見した。保育士になるという立場で、子どもたちにどのように絵本に親しませるかをこれから学んでいきたい。そして子どもが喜んでくれる絵本を作りたいと思った。
❑ 子どもの感性を育て、美術との触れ合いの第一歩となる絵本には、心が豊かになるストーリーや様々な仕掛け・アイデアがあることに気付きました。

Posted   パーマリンク

みどり野幼稚園で子ども活動を実践!  #20 [子ども育成学部]

画像(180x120)・拡大画像(365x244)

もぐらたたきはおもしろいね。

  2016(平成28)年7月2日(土)、みどり野幼稚園夏祭りで、2年生22名の学生が「子ども活動」の実践を行いました。この「子ども活動」は学生が主になって、企画から準備・園との連絡調整・運営・振り返りなど一連の活動をすべて自主的に行っていく授業です。

画像(180x100)・拡大画像(384x214)

お姉ちゃん先生にめがねつくりをおしえてもらったよ。

  第1部は、3班に分かれて「キトキト富山名産ミッケ!ボーリング」、「くるくる的当て・ハラペコうさぎさん」、「おもしろもぐらたたき」を行いました。第3部は、全員でのオペレッタ「むかしむかしうさぎとかめのものがたり」を行いました。園の先生方のアドバイスやご協力をいただきながら活動を進めることができ、夏祭りに参加した子どもたちや保護者の方々に大変喜んでいただきました。

画像(180x118)・拡大画像(375x246)

うさぎのダンス楽しいね。

 「うさぎとかめ」のオペレッタでは、笑顔で頑張っている学生たちに、子どもたちからかわいい声で「ガンバッテ―」「がんばれ―」と応援する場面があり、会場が盛り上がりました。学生たちは、さらに元気と意欲が出て演技力が増し、たくさんの拍手をいただきました。教師の喜びを実感した瞬間だったと思います。


画像(180x101)・拡大画像(389x220)

オペレッタは大成功!

  活動を終えての振り返りでは、「子どもの力ってすごいと思った。」「こどもたちのおかげで、応援が励みになった。」、「いずれ小学校や保育現場に出るので、この経験は行事の進め方等に生かせると思う。」、「初めは準備や練習が思うように進まず心配だったけど、何とか本番に向けてチームワークを発揮し成功させることができ、みんなで達成感を味わうことが出来た」との感想がありました。近い将来、きっといい先生になって活躍してくれるでしょう。

「みどり野幼稚園で子ども活動を実践!  #20」の続きを読む

Posted   パーマリンク

富山国際大学 赤松隆一郎氏の特別講演会を開催致しました。 [地域交流センター]

 2016(平成28)年7月9日(土)、CiCビル内の富山国際学園サテライト・オフィスにおいて、富山国際大学エクステンション・カレッジ特別講演会を開催致しました。
 講師の赤松隆一郎氏は、サントリー「グリーンダカラDAKARA」「角ハイボール」などのCM企画等を行いながら、ミュージシャンとしても活動しておられます。
 赤松氏は、「アイデアとからだ」のテーマで、自身の経験から「アイデアは広い範囲で自由に見つけるより、これまでの体験を元に掘り下げていくと生まれやすい」と、独自の考え方を紹介されました。
 当日はおよそ100名の方々が聴講され、赤松氏の講演に笑いの声も上がっておりました。
 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

画像(180x119)・拡大画像(428x285)

特別講演「アイデアとからだ」

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

学友会主催“2014 クリスマス会”を 地元願海寺・野々上のコーラスサークルと一緒に行いました #59

学友会主催“2014 クリスマス会”を 地元願海寺・野々上のコーラスサークルと一緒に行いました #59

富山市女性の翼(WWT)会員と留学生がひな祭り交流

富山市女性の翼(WWT)会員と留学生がひな祭り交流

とやまアースデイ・フェスティバルに参加しました

とやまアースデイ・フェスティバルに参加しました

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.