先頭へジャンプ

施設・サービス − ウイルス対策

提供サービス一覧   施設の概要   ウィルス対策   ソフトウエアサービス
※一部の文書は学内からのみ閲覧可能です.

ウイルス対策の必要性について

スマートフォンが急速に普及する中、コンピュータウイルスによる被害が急増しています. 必ずウイルス対策ソフトウエアをインストールして、御自分のコンピュータやスマートフォン等コンピュータ機器を守るようお心がけ下さい.
ウイルス対策ソフトウエアを搭載するだけではなく、常に最新のパターンファイルに更新するよう心がけましょう.

ウィルス感染したコンピュータをネットワークに接続すると、他者への迷惑だけではなく、学内外に甚大な損害が発生する可能性があります.機器の動作に異変を感じたら直ちに情報センターへご連絡ください.



疑わしいメールや添付ファイルは開けないで削除して下さい.

ウイルスの種類は様々です.受信メールにカーソルを当てるだけで活動を開始する仕組みのウイルスもありますので、 開封せずに削除して下さい.

それぞれのメールソフトでプレヴュー画面を表示しないように設定してください. 例えば、Thunderbirdの場合、メニュー[表示]の中から「レイアウト」の「メッセージペイン」のチェックを外します.
すでに開いてしまったり、感染の疑いがある場合は、被害を食い止めるため、 直ちにネットワークから切り離し、最新版ウィルスソフトによるウィルス検知を実施して下さい.


ウイルス感染の動向と対策

コンピュータ室およびメディアコーナーのコンピュータは すべてウイルスバスターコーポレートエディションを搭載しウィルス対策がなされています. しかし、被害は個人所有のコンピュータ機器で広まっております.

これは、教職員・学生の方々が自宅でウィルス対策をしないまま使用している場合に数多く発生しています. また、ウィルス対策ソフトウエアの契約の継続を怠ったり、最新状態に更新していなかったりと、 ウィルスパターンファイルが最新状態でない場合にも発生しています.

外付け媒体(USB型ハードディスク・メモリーステック等)は、直接開かずウィルススキャンするように心がけましょう.

教職員用ウイルスバスターコーポレートエディション

インストール

お持ちのコンピュータを学内でのみ使用される場合は、ウィルスバスターコーポレートエディションを インストールすることをお奨めします.( インストール手順


ご使用前、及び、ご使用停止時には必ずコンピュータ名や詳細を情報センターへご連絡ください.オンライン状態でサーバからアンインストールします.

常にリアルタイムモニターが作動していること vb_iconをご確認ください.赤はリアルタイムではないこと、切断はネットワークに繋がっていないことを示します.


ウイルスを検知した場合の対処

PC使用中、「ウイルス駆除」または「ファイル削除」と表示された場合は対処は必要ありません. その他のメッセージが表示された場合は直ちに情報センターにご連絡ください.


ウイルスバスターコーポレートエディションに関する詳細は http://www.trendmicro.co.jp(外部リンク)


[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.