先頭へジャンプ

子ども育成学部 - 教員紹介 - 吉田 昌弘

氏名: 吉田 昌弘 / よしだ まさひろ / YOSHIDA Masahiro
役職: 准教授
専門分野: 教育学、日本教育史
担当授業: 子ども育成論、教育原理、家庭教育論など
経歴: 東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程修了 博士(教育学)、富山国際大学子ども育成学部准教授
所属学会: 日本教育学会、教育史学会
研究テーマ: 近代日本における教育の歴史的研究
著書: (共著)土方苑子編著『各種学校の歴史的研究』東京大学出版会、2008年2月
論文: ・吉田昌弘「一般記録史料記述の国際標準ISAD(G)の解釈論の意義とその試み――『春山作樹教育論集』編纂刊行資料についてのISAD(G)を使用した記録史料記述――」『東京大学大学院教育学研究科教育学研究室 研究室紀要』第36号、2010年6月

・吉田昌弘「文部省管轄の「学校」から「教育」への転換――教育制度形成の条件として――」『教育学研究』(日本教育学会)第78巻第2号【査読有】、2011年6月

・吉田昌弘「「教育」制度の形成過程に関する歴史的研究――文部省の管轄についての制度に着目して――」(東京大学大学院教育学研究科課程博士学位論文)、2012年9月

・吉田昌弘「「学制」海外留学制度の特質――海外留学生管轄問題をもとにして――」『日本教育史研究』第35号【査読有】、2016年9月
学会発表・講演等: ・(単独発表)「改正教育令期ごろまでの「専門学校」「各種学校」と学校体系観」日本教育史学会研究例会(東京都)、2006年12月

・(単独発表)「各種学校のはじまり」教育史学会第51回大会(香川県)コロキウム発表、2007年9月

・(単独発表)The Origin and Future of Japanese Educational Administration ”Asia Pacific Forum” in Australian National University(オーストラリア連邦キャンベラ)、2010年2月

・(単独発表)「文部省による海外留学生の管轄と「学制」」教育史学会第57回大会、2013年10月

・(単独発表)「森有礼の「学制」―国家・個人の二元論者として―」日本教育史学会例会(東京都)、2014年2月
社会活動: ・2013 「上越教育大学、富山大学、富山国際大学三大学連携による教員研修連続講座」講師(富山県教育委員会十年経験者研修の一環)
・2013〜「富山国際大学教員免許状更新講習」講師
・2014 富山市主査・主任保育士研修会講師
・2015〜「富山国際大学・富山短期大学 幼稚園教諭免許状特例講座」講師

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.