先頭へジャンプ

子ども育成学部 - 教育目的とアドミッションポリシー

教育目的

教育と福祉のハイブリッドの視点に立ち、確かな資質能力と学びの精神をもって教育・保育・福祉の専門職として、心身ともに健やかな子どもの育成を通して、地域社会の発展に貢献できる人材の育成を目的としています。

アドミッションポリシー

教育目的に掲げる人材を育成するために,次のような入学者を求めています。

  1. 1. 子どもの生活と遊び、発達と学習に高い関心を持ち、生きる力を育てる教育・福祉・保育の専門家をめざす人。
  2. 2. 心身ともに健やかな子どもを育てる家庭や地域づくりに、高い関心を持つ人。
  3. 3. 地域に愛着と誇りを持ち、地域の教育・保育・福祉の実践活動に、高い関心を持つ人。

入学者選抜の基本方針

子ども育成学部の求める学生像に合致し、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力等」、「主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度」に留意しつつ、能力・意欲・適性等を多面的・総合的に判定する以下の入学者選抜を行います。

  1. (1)一般入試(前期)
    個別学力検査の成績と調査書の内容を総合して評価
  2. (2)一般入試(後期)
    個別学力検査の成績と面接、調査書の内容を総合して評価
  3. (3)特別奨学生選抜入試(前期・後期)
    個別学力検査の成績と面接、調査書の内容を総合して評価
  4. (4)大学入試センター試験利用型入試(前期・中期・後期)
    大学入試センター試験の成績(2教科2科目と外国語(英語))と調査書の内容を総合して評価
  5. (5)推薦入試
    小論文、面接、調査書、志望理由書、活動実績書の内容を総合して評価
  6. (6)特別入試(社会人)
    小論文、面接、志望理由書、活動実績書の内容を総合して評価

入学までに身につけて欲しいこと

子ども育成学部では、小学校教員はもとより、幼児教育・保育、子ども福祉など、子ども育成に関わる専門家の養成にあたり、幅広い教養と基礎学力等を身につけていることを求めています。  また、教育・保育・福祉の専門家についての関心と意欲、知的好奇心や行動力、他者とのコミュニケーション能力を培っておくことも望まれるため、部活動やボランティア等に積極的に参加することを通して、幅広い経験を積んでおいてください。



[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.