先頭へジャンプ

子ども育成学部 - カリキュラムポリシー

子ども育成学部のカリキュラムポリシー

1.教育内容

子ども育成学部の教育課程編成・実施の方針は、在学中に子ども育成に関する基礎的・専門的な能力の向上を図るため、教育課程を教養教育と専門教育により構成し、各教育課程には、教育目標を達成するための科目を設定します。各授業科目が卒業認定・学位授与の方針に定められたどの能力・素養の向上に寄与するかをシラバスで明示します。

1−1.教養科目「子ども育成の教養」科目区分
(1)人間理解と社会理解を深め、現代社会における人間のあり方について考える「共存・共生へのアプローチ科目」
  授業科目群を置く。具体的には、「人間理解科目」、「社会理解科目」を置く。

(2)現代の巨大潮流を理解し、変化する現代社会を生きる人間のあり方について考えるための「時代の潮流への
  アプローチ」授業科目群を置く。具体的には、「国際化対応科目」、「情報化対応科目」、「環境との共生対応
  科目」、「少子高齢化対応科目」を置く。

(3)子ども育成の専門職業人への目的意識を高め、キャリアの実現をめざすための科目として、「キャリア形成」授業
  科目群を置く。

(4)生活文化と地域活動体験、主体的探究的活動を通して、生涯にわたる自己研鑽の基礎を培うための科目として、
  「演習」授業科目群を置く。

1−2.専門科目
1−2−1.「子ども育成の理論と実践」科目区分
(1)子どもの生活・発達・教育に関する理論を学び、専門知識を身につけるための科目として、「子ども育成の理論」
  授業科目群を置く。

(2)子ども育成の内容・方法・技術を学び、実践の基礎的能力を身につけるための科目として、「子ども育成の内容・
  方法」授業科目群を置く。

(3)子ども育成の実地での体験を通して、実践的能力を身につけるための科目として、「子ども育成の実習」授業
  科目群を置く。

1−2−2.「子どもの発達と相談支援」科目区分
(4)子どもの心身の発達や社会環境に関する理解を深めるための科目として、「子どもの発達と環境」授業科目群
  を置く。

(5)子ども理解を深め、相談・支援に関する知識・技術を身につけるための科目として、「子ども育成の相談・援助」
  授業科目群を置く。

(6)子どもと家庭の福祉、地域社会に関する理解を深めるための科目として、「子どもと家庭・地域の自立支援」
  授業科目群を置く。

1−2−3.「富山の子ども育成」科目区分
(7)地元富山の特色ある教育・保育・福祉活動への参加体験を通して、地域の実践に学び、子ども育成における
  地域連携の重要性について理解するための科目として、「富山の子ども育成科目群」を置く。

1−2−4.「子ども育成の研究」科目区分
(8)4年間の学びの集大成として、レポートの作成や発表を行うことを通して、生涯につながる自己研鑽と研究的態度
  を養うための科目として、「子ども育成の研究」授業科目群を置く。

1−2−5.副専攻プログラム
(9)国際社会で活躍できる、外国語コミュニケーション能力と実践能力のある人材を育成するために、副専攻プロ
  グラム(グローバル人材育成プログラム)を置く。

(10)地域社会で活躍できるリーダーとなり得る、課題解決力と実践能力のある人材を育成するために、副専攻プログ
  ラム(地域創生人材育成プログラム)を置く。

2.教育方法(授業方法)

子ども育成学部では、各授業科目において、確実な理解と学習成果を上げるための教育方法として、一般的な知識教授型の授業方法以外に、以下の5つの中で各授業科目において可能な方法を積極的に実践します。

(1)対話型授業
  教員が学生に一方的に講義するのではなく、学生も参加し、学生と教員が双方向的に対話や問答をしながら、
  理解を深める。

(2)演習・反復型授業
  演習課題、具体的な事例についての考察、重要な事項について反復学習をすることにより、確実な理解を図る。

(3)グループ学習
  学生同士が複数のグループに分かれ、設定した課題について、グループの構成員が共同で解決に当たる。

(4)地域フィールドワーク
  地域の教育・保育・福祉施設等の現場や実習場所に出向き、実践活動を行いながら、理解を深める。

(5)授業外学習指導や自主学習
  授業外で教員が個別に学習指導したり、学習課題や調査課題などを与え、学生の自主的な学習を促す。

3.教育評価


(1)個々の授業科目の成績評価にもとづいて、学生自身が各科目で設定された到達目標の達成度を評価する。

(2)各授業で実施される授業評価アンケートを通じて、教員が学生の授業理解や満足度、授業目標の達成度を
  評価する。

(3)標準化された指標に基づいたテスト等によって、学生が自身の成長変化を評価する。

(4)教養演習等におけるグループ発表や個人研究のレポート等の成果物の作成や発表を通じて、現代社会を
  生きるための基礎的な知識・技術の習得状況を評価する。

(5)4年間の学修成果である卒業研究によって、専門性の達成度を評価する。

(6)各分野の「履修カルテ」を利用した振返りを通じて、学生自身が自分の成長のプロセスを評価する。

(7)卒業直前オリエンテーション時の学生アンケートを利用した振返りを通じて、学生自身が4年間における自分の
  成長を総合的に評価する。

[東黒牧キャンパス] 〒930-1292 富山県富山市東黒牧65-1 TEL:076-483-8000 FAX:076-483-8008

[呉羽キャンパス] 〒930-0196 富山県富山市願海寺水口444 TEL:076-436-2570 FAX:076-436-1530

Copyright©2006-2012. Toyama University of International Studies. All rights reserved.